リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミのブログ。代表尾崎が書いてます。

【現役生vs既卒生】昨年2018年の全統マーク模試平均点比較。20190402

こんばんわ!リスウゼミの尾崎です。

 

今日は模試の話。かなり昔に同内容の記事を書いたことがあるのですが*1*2、直近の河合塾全統マーク模試のデータを見てみましょう\(^o^)/ 

 

1.2018年全統マーク模試平均点比較

5-7理系総合900点満点の平均点と%の推移は以下の表のようになります。

f:id:risusemi:20190402224309p:plain

常に浪人生平均の方が上ですね。各科目、全体像を見てきたアドバンテージはめちゃめちゃでかい。ただ...

 

2.伸びの違い

あくまでも平均での話ですが、浪人生ってほんとマークの点数伸びないね。。900点中6.4点、パーセンテージで言うと0.7%しか伸びてない。対して現役生は51.6点5.7%伸びてます。

 

浪人生からは「いや、現役生は習ってないとこあるから伸びるの当たり前でしょ?」って反論を頂いたりするんだけど、現役生の立場から言うと「学校行事もクラブもなくて受験勉強だけできる浪人生の方が伸びて当たり前でしょ?」ってなる。

 

隣の芝生は青い。

 

ただ、浪人生でも+200点とかっていうレベルで点数伸ばしている子もいるし、現役生でも全然伸びない子もいる。そんなこと重々承知してますです、はい。

 

でもやっぱりねー、この浪人生のマーク模試における伸びの鈍さは大手予備校本科の講座設定やカリキュラムがおもっきりセンター無視(≒センターくらい自分でやっとけや)が原因であると強く思う。SとかKとかに出講しておられるいろんな先生とお話ししてて。

 

 

 

では浪人生は具体的に何をどうすればいいのか?次回の記事で話しさせてもらおうと思います。んじゃ、またね\(^o^)/

 

 

 

3.脚注 

*1:risuzemi.hatenablog.com

*2:ズバズバ言ったので一部の方々から叱られました。苦笑